2010年03月27日

笑いのすすめ

 今の世の中は、不況、政治不信、凶悪犯罪と、なかなか明るく笑える話題を探すのに苦労しますが、こんな時こそ、落ち込んでいても未来は開けません。
 
 お腹から大いに笑って元気になりましょう。
私の取っておきの笑って元気になる方法は、上方落語の鑑賞です。
近年、某国営放送の朝の連ドラで落語が取上げられたおかげで、大変に人気が出てきました。おかげでテレビやラジオの番組が増えて、落語を耳にする機会が多くなりました。
 また、最近では笑うことが健康に良いと言う事が医学的にも検証されてきました、難しいことは良く解りませんが、笑うことによって免疫機能活性ホルモンが分泌されて、免疫力が高くなり、自然治癒力が向上して病気が治ったり、鎮痛作用や快感作用のあるベータエンドルフィンと言うホルモンが大量分泌もあるため、痛みの伴う病気は傷みが軽くなるそうです。
 私の場合はもっぱら事務所で桂米朝さんのCDを聞いて、事務仕事をこなしながら、時に大笑いしてストレスの解消をしています。
しかしながら、本当の落語の良さが解るのは、やはり噺家の声が生で聞こえる寄席でしょう。
 大きい所では天満の繁昌亭や自治体が主催する落語会などを観に行かれるのがお勧めです。
posted by 池田工務店 at 16:30| 瓦版